読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッサーシュミット臨戦態勢

素敵なパートナーシップを築いて、楽しく笑って死ぬことが、最高に幸せだと思ってます(*'▽')

その人と居る時の自分が、好きだから。

人を好きになるということ

私には、詐欺でお金を失った家族にあげられるような財産はありません。

好きな人を、自分に心から惚れさせられる方法を知りません。

超絶激務に耐えて、仕事に全力投球出来る体力は持ち合わせていません。

 

出来るのは、目の前の人を、ちょっとだけ笑わせること。

悲しんでいる人のことを思いやること。

大嫌いじゃない限り、多分、別に好きじゃない人にも出来ると思います。

 

あとは、人より美味しそうにご飯を食べるとかかな( *´艸`)

 

考えてみたら、特にこれと言って、誰かよりずっと上手く出来ることって、少ないですねww

でも、生きてるんだから、人間って強いなあ。

 

もっと何か素敵な力とか、秀でたものが無いと、素晴らしくないと思ってました。

でも、最近は、何も出来ない、特に人に誇れるものの無い自分でも、生きている価値はあると感じられるようになりました。

 

結構それって、大きな財産なような気がする…。

 

皆、そう思えないから、死に物狂いで働いたり、家族の為に動いたりして、自分の為の楽しい時間のことなんて真剣に考えないで、辛そうな顔で突っ走ってるのかもしれないなあ。

 

私が過去数年で好きになった人達は皆、家族仲が悪くて、もしくは家庭運に恵まれなくて、ワーカホリックの人ばかりでした。

女好きで、でも、女性不信で。

悲しい気持ちを押し殺して、頑張って、泣きたい気持ちを隠して、男っぽく振る舞ってる人ばっかりだったなあ。

本当は優しい癖に、女を自分に着いて来させるのが男の甲斐性だって勘違いしてるような。

 

私はそういう、辛そうな人に弱かったのです。

傷の舐め合いをしている内に、お互いの傷が、癒せるんじゃないかなって期待していました。

もちろんそんなことはなくて、全然、逆だったけども(;’∀’)

 

今好きな人も、激務だし、コンプレックスも強いし、家族仲も悪い。

でも、自分の人生から逃げようとしていないし、人を嫌な気持ちにさせない。

偉ぶらないし、自分は人より頑張らないと同じ事が出来ないからって、いつも頑張っている。

優しいし、真面目だし、嫌なことは言わない。

 

何となく、どこか、自分のことを信じてるような、そういう強さを持っている人のような気がします。

 

好きな人に対して、そう感じられるようになった自分は、少し大人になれたのかな、と、37歳になって、漸くそう思ってます。

人間って、そんなに大幅に、成長はしないww

 

今日、私は、元気で仕事をして、ご飯を食べて、今からお風呂に入って、本を読んで、ぐっすり眠る予定です。

好きなに人も、同じように、美味しいものを食べて、ゆっくり眠って欲しいな。

 

明日は何故か、凄く温かいみたいで…11月だというのに、謎過ぎる気候(;゚Д゚)

読んで下さっている皆さまも、お体に気を付けて、今週も元気に楽しくお過ごし下さいね♡