読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッサーシュミット臨戦態勢

モットーは性=生=死。親からの精神的な自立をして、素敵なパートナーシップを築いて、楽しく笑って死ぬことが、最高に幸せだと思ってます(*'▽')

原動力が、「愛」でありたい。

母と妹を上手く言いくるめ、大金を毟り取ろうとしている方へ。

あれは、2人が今まで命を賭けて、必死で、自分の将来の為に、そして、周りの人達との楽しい生活を夢見て貯めて来た、大切なお金です。

罪悪感、良心の呵責の欠片が少しでも体のどこかにある限り、それは確実に、あなたにとって、良くない方向に発動します。

因果応報は、必ずあります。

自分の為にも、母と妹を始め、これまでにズルいことをして手に入れたお金を、その人達に返して下さい。

 

いきなり呼び掛けから始まりました♡

私はその人のことを何も知らないけど、きっと届くと信じています。

 

昨日は、母の旧友に会って来ました。

中学生時代の友人で、私が生まれた時にもお祝いに来てくれて、小さい頃は、良くお宅に遊びに行かせて頂いていた方です。

旦那さんの転勤で、関東地方で暮らすことが多く、偶然にも現在は、我が家のすぐ近くに住んでおられます。

 

ご夫婦には子供が出来なかったのもあり、そして赤ちゃんの時代から知っているということもあり、今年36歳になる私を、未だに子供扱いしてくれるので、凄くホッとします(*’▽’)

たまにランチを御馳走になるのですが、帰りにスーパーで、食材を買って下さることも多いです♡

 

母が父に騙されて、とても不利な離婚をした時も、泣いて悔しがってくれた人です。

昔、一時期だけ、両親が経営する会社にパートでお勤めをして下さっていたので、父の性格のヤバさを知っている為、本気で母を心配していてくれます。

今回のことも、まだ警察で事件として立件出来ていないし、被害者以外にはあまり詳細を話すな、と言われているようで、母は誰にも話していないようです。

私が知ることになった際も、“年甲斐も無く恥ずかしい”ばかり繰り返し、自分のやらかしたことを誰かに知られるのを恐れていたので…正直、そういう問題じゃなく、一刻も早く、誰かに助けを求めるべきだろ、と思いましたが(;’∀’)

 

しかし、その家庭内秘密主義で、今まで散々な目に遭って来た娘として、碌な結果にならないことを知っている私は、輪郭だけを、その方に話しました。

その方も同じ意見で、

「恥ずかしいとか、そういうことじゃない。もし馬鹿にする人が居たら、縁を切ればいいだけ。騙された経験が無いなら、皆に相談して、解決策とか、心が軽くなる方法とかを教えて貰うべき。とはいえ、お母さんが自分で話してくれるまで、私は何も聞かなかったことにしておくから、安心して」

と言って頂き、久しぶりに、肩の荷を下せたような気がします。

 

本当に母を好いてくれていて、娘である私のことまで気遣ってくれる、優しい女性です。

学生時代から知っていて、結婚した後も、お互いの家庭の行き来があり、私も可愛がって頂きました。

それにも関わらず、娘の私が小さい頃から見せ付けられて来た、母の自己肯定力の低さや意志の無さを、まるで知らなかったと言います。

 

また、今、ご自身のお母様に認知症の傾向が表れ始め、実家に居る弟夫婦に、介護を任せている状態ですが、実は弟夫婦の仲もあまり良くなく、その家の子供達(その方にとっての甥)が、昔から早く家を出たいと思っていた、と最近知り、ショックを受けておられました。

 

肉親でも、兄弟でも、夫婦や家族の実態は分かりません。

まして、例え友達とはいえ、他人のことなんて、更に分からなくて当たり前です。

 

実際、私の古くからの友達の家庭の事情も、まるで想像もしていなかった激しいものであったと、最近本人が詳しく話してくれるまで、全然知りませんでした。

というより、寧ろ、うちに比べて裕福で、波風が無くて、羨ましい…くらいに感じてました(;’∀’)

今は、申し訳なく思っていますorz

 

類は友を呼ぶ、とか、似た者同士が集まる、という言葉通り、私の周りには、両親の仲が悪く、家庭内を何とか平和に保つため、いつも良い子でいようと努力し、成人し、社会人となり、母親や父親になった今も、両親、特に母親を気遣って、母親の為に、時間と労力を割いている人がたくさん居ます。

 

母親自身、別に、子供を苦しめるつもりも、異常に自分に気を遣わせるつもりも無いだろうし、それを知ったら、物凄い衝撃を受ける人達ばかりだと思います。

子供を愛していない訳ではないのですが、絶対的に、自分に対する労わりと、掛ける愛情の量が少な過ぎる為、結局、周りの愛する人のことも、幸せに出来ないのだろう、と感じるのです。

 

一見、暴君で、自己中心的で、他人のことなんて、何一つ考えて居ないように見える、我が家の父のような、世の父親たちにも、同じことが言えると思います。

大人になって、ちゃんとしたパートナーシップを築けない人は、自分自身が親や周りの人達から、“自分を満たし、愛すことが、周りをも幸せに出来ること”という法則を、学べていないのです。

 

セックスをいやらしいもの、子作りの為のもの、後ろめたいもの、にして来た、今までの性愛の歴史の中で、夫婦の関係は、“女と男”ではなく、“子供を産み、母親になる女性と、子種を植え付け、生活費を稼いで来る男性”であるだけだったので、その役割を果たした後、セックスは重要視されて来なかったのでしょう。

現に、浮気をする男性が多いのも、“子供が生まれた後も、家庭内にセックスを持ち込むのはおかしい”という、間違った風習(?)が原因だと思います。

 

別に周りが何と言おうと、子育てがキツかろうと、ずっとラブラブで居たかったら、居ればいいと思います。

相手の喜ぶ顔を見ることが幸せなら、願いを叶えてあげることに、全力を尽くせばいい。

幸せな空気を出すと、周りから妬まれるかも、何か嫌みを言われるかも、なんて怖がらないで、大好きな人と自分が、幸せで居られる方法を、一生生み出し続ければいい。

だから、性愛を共に作り上げるパートナーは、他人の意見ではなく、自分の意志と選択を第一にして、探し当てる必要があるのだと感じます。

 

私の父は、母と結婚する前、とても好きな人が居たけど、母親(ちょっとキチ○イレベルの攻撃性を持った人/もちろん夫と不仲/私の父方の祖母)に大反対され、自暴自棄になり、お見合いで出会った母と結婚しました。

母は、父を第一印象で“嫌い”と感じ、また、父の母親を見て、“無理”と判断し、一度お断りしたそうです。

父は子供が欲しかったらしく、母の母親(母方の祖母)を見て、“この母親の娘なら”という直感で、また、母方の祖母も、“あらハンサム”と、父のことを気に入り、結局父が、結婚を断りに来た母に、

「自分が、あの母親から、あなたを守りますから」

と誓って、結婚したということでした。

 

小学校の時、父に、何故母と結婚したのか?と訊いた時。

「本当は好きな人が居たけど、ばあちゃんに反対されたから、ママと結婚した」

と言われ、自分の存在意義を見失い、そのショックで、父の台詞を後日、そのまま母に告げてしまった私…。

母は怒り狂い、

「もう離婚する!(# ゚Д゚)」

と騒ぎましたが、まだ両親を好きだった私は、泣いて止めました。

 

今考えたら、離婚して貰っといた方が良かったな、と思います(笑)

まだあの頃は両親も若く、幾らでも、やり直しが出来たでしょうし…あんな、妹と私の精神をもズタズタにするような、超・泥沼の離婚劇を繰り広げることはなかったはず(;’∀’)

 

考えてみたら、私は、“生まれて来た意味&価値に対し、父から強制的に疑問を持たされ”た上、“女性としての尊厳&価値を、祖父から剥奪され”、“子供として、人として守って欲しいという欲求を満たされないまま、逆に母親にそれを与える努力をして来た”人間なのです。

…自己肯定力、低くて当然です。

年齢1桁の頃から、徒労、搾取、無達成感、空虚感、マイナスの感情が盛り沢山でした(; ・`д・´)

そしてそれを、恋愛や仕事に、ずっと投影し続けて来ました。

 

運と、ご縁に恵まれて来たから、やって来れたんだな…。

本当に、それしかないなあ。

今初めて、自分を愛する決意をして、自分の価値を認め始めてるからなあ。

でも、それに気付けただけ、やっぱり幸せだな♡

 

私、もう、自分の出自を恥じません。

過去がどうあろうと、今の私を信じ、愛してくれる人が居ます。

育ちが悪いから、どうせ幸せになれないっていう考え方、捨てます。

この世に生を受けたのは、あの両親の血や肉を通してだけど、あの家族の為だけに、自分の力を注ぐの、止めます。

 

絶対に、生まれた価値が、何かあると思います。

自分を愛して、好きな人を愛して、楽しく、幸せに生きて行きます。

 

昨日会った母の友人も、

「何か悪いことがあっても、それはきっと、その場所が間違ってるっていう合図だから、心配無い。暗いことを考えると、その通りになる。楽しいことをいっぱい考えて生きて行けば、絶対そうなるからね」

って、言って下さいました。

 

きっとこれから、交友関係も、環境も変わっていくだろうな。

どうなるんだろう?

凄く、ドキドキしてます(*’▽’)

 

 

【ミッサーシュミット、20代まで小説家志望でした♡( *´艸`)】

misserschmitt2323.hatenablog.com          ※官能小説も連載中♡