読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッサーシュミット臨戦態勢

モットーは性=生=死。親から精神的な自立をして、素敵なパートナーシップを築いて、楽しく笑って死ぬことが、最高に幸せだと思ってます(*'▽')当ブログはリンクフリー。記事のシェア&Facebook友達リクエストやTwitterのフォロー大歓迎です💛

溺れそうな誰かの、「すがる藁」の1つになれば。

私ミッサーシュミットの場合、鬱状態希死念慮は、ほぼほぼセットです。

 

でも世の中には、「死にたい」と思わない、鬱状態もあります。

 

鬱状態でドクターストップが掛かって、仕事を辞めて、投薬治療中の友達もそうだし、友達の旦那さんもそうだし、私の母もそうです。

 

女性の中には、生理前に、かなり精神的に乱れる人が多く、殆ど鬱と変わらないくらいに気分が落ち込む人も居ます。

私はこれもあるので、酷い時は、慢性的な鬱状態+月に一度の深刻な鬱状態で、相当の絶望感に陥ってしまうことがあります。

 

疲れが取れない、眠れない、不安が強い、呼吸や脈が乱れる、頭がぼんやりする、いつもなら出来ることが出来ない。

 

「あれ、辛いのが慢性的になってるぞ(; ・`д・´)」

「しかも、それを甘えとか弱さだと思って、自分責めてるぞ(´・ω・`)」

「仕事とか、凄く辛い人間関係が原因だろうって分かってるのに、周りが幾ら言っても、それに執着してる?Σ(゚Д゚)」

 

もちろん、そういう方の全てが鬱状態、とは言いません。

ほんの一例です。

 

そして、”新型うつ”といわれる、学校や職場には行けないのに、好きなことはやれてしまう、という状態も、実は、絶望から自分を救うための装置だったりするのですが、周りには理解されにくいです。

 

今と違い、昔は、こういう精神的な病気の治療法は、通院と投薬しかありませんでした。

で、そこしかない割には、

「え、この医者、本気で患者のこと考えてる??(;’∀’)寧ろ、本人も鬱じゃない??」

みたいな人も多く…。

私はたまたま良いお医者さんに巡り会えなかったのかもしれませんが、結構良く聞くお話です。

 

そして、鬱や精神障害に対する理解も、ちょっとまだ厳しい時代でした。

何しろ、私が高校生だったのって、20年くらい前だからww

 

最近は、あまり、お医者さんが信頼出来なくて通院も薬も止めた、というお話は聞かないので、段々、鬱状態の人にとって、生きやすくなってるのかなあ、と、少し希望が湧きます。

 

最近は、スピリチュアルとか、心理学とか、その他のメソッドがあって、医学療法より先に、そちらに触れて、鬱を脱する人も居るかもしれません。

 

私自身、投薬治療に恐怖を覚えて止めたクチなので、その方々の気持ちは、大変良くわかります。

その上で言わせて頂くのですが、やはり、一番最初は、精神科なり心療内科なり、病院に行って、医者と話をして、薬を貰った方が良いと思うのです。

 

鬱状態になるメカニズムとか、症状に合わせた薬の説明とか、そういうのを知るだけで、とても楽になることだってあると思います。

 

治療費も決して安くはありませんが、保険が効くし、世の中には、何らかの救済措置があるので、例え後々、自分には合わないという判断を下したとしても、一度は病院に足を運んでみて、診断を受けることをお勧めします。

 

その上で、スピリチュアルなり、心理学なりを学んで、自分で回復の為の鍵を見付ける方が、間違いないと思います。

 

言いたくはないですが、変に宗教じみていたり、常識外れな高額セミナーや商品を強要されたり、意識の書き換えという名の”今までの自分の否定”をやらされたりする可能性があっても、

「こうしないと鬱が治らないのかな?」

「せっかく良かれと思って勧めてくれているのに、否定的な気持ちが湧く自分はやはり、ろくでもないのかな?」

「周りは絶対怪しいって言ってるけど、自分は信じたい…でも、支えてくれる人達を無視してまで、やるべきこと?」

と、鬱状態の上に、更に違う悩みと苦しみを抱えることになってしまうので、要注意だと思います。

 

あ、因みに、私の妹は、障害者手帳二級を持ってるアスペルガーの人で、他にも治療中の病気があり、長期間の精神科通院&投薬治療中です。

それでも、詐欺に引っ掛かりました。

元からの性格&障害のせいもありますけど( ;∀;)

 

何故、我が家の全財産を毟り取られたかというと、本来は止めるべき母が、本当は怪しいと思っていたのにも関わらず、妹との同居による精神的疲労により、すっかり疲れ果てて、自信の鬱状態に気付かず、半ばやけくそになっていたので、一緒に巻き込まれてしまったからです(;’∀’)

 

どうやら、離婚の際、父親に財産を全て持って行かれ、娘である自分や母自身が相当の苦労を強いられたことを蒸し返され、妹から、

「また大金をゲットするチャンスを逃すの?!(# ゚Д゚)」

と、相当責め立てられたのが原因らしく…。

母は、そこを突かれると弱いのと、長期に渡る祖父の介護が終わり(亡くなったので)、今度は祖母と叔父の遺産を巡る争いを聞かされ、相当精神的に消耗し、ギリギリだったんだろうと思います。

 

実際に自殺をしなくても、傍から見たら自殺行為に近いことをやらかすのも、鬱状態になっている証拠だと思うのです。

冷静に考えれば分かることが、全く見えなくなってしまいます。

 

今回の詐欺事件も、妹が自分の財産だけ騙されて、落ち込んでいるのならまだ分かりますが、母は妹に言われるまま、自分の財産も全部託した、というのですから。

本来なら、有り得ないです。

慎重な性格で、詐欺に遭うような感じじゃないし、おかしいと思いつつも、反対出来なかった、というのが…勘も相当鋭い人なのです。

 

だから周りも、とはいえ、詐欺「事」として立件されてはいないため件、警察から、関係者以外に固有名詞を出して話すことは止めるように言われているので、ほんの一部の人しか知りませんが、

「え、あの人が??Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)」

っていうことで、ショックを受けています。

何で?とか、もう原因を探っても仕方ない。

それは分かっていますが、そんなに疲れ果てるまで、自分の心を放置してしまうほどぎりぎりだった、というのが分かるので、責めるのは筋違いだと感じています。

 

私は、このブログやFacebookのことを、家族には内緒にしています。

もしバレたら、母や妹は、私を責めるかもしれません。

 

だけど、自分を保つために、私も必死です。

自分自身の心の平穏の為、これからの幸せの為に書いています。

そして、もし、今、似たような状況に居たり、似たような感じになりそうで怖い、という危機感をお持ちの方がいらっしゃれば、何かのお役に立てれば、と考えています。

 

恥ずかしい、なんて、二の次です。

だって、生きて行かなくちゃいけないんだから( `―´)ノ

 

私には、何か特別、秀でたものがある訳ではありません。

だけど、普通の家庭の人でも、もしかしたら陥ってしまうような、辛くて危ない”経験談”を持っています。

それを、なるべく多くの方に広めていくことが、今の自分に出来ることかなあ、と思っています。

 

幸い、母と私には、友達が居ます。

妹は、友達は少ないけど、夫が居ます。

前みたいな共依存関係に陥らないように気を付けながら、手を取り合って、サバイバルして行こうと思います。

 

人は強い。

人は優しい。

 

自分も、他の人も、ちゃんと信じて、ちゃんと天国行きの切符を手に入れられるようにします♡

 

読んで下さって、ありがとうございました♡

 

【詐欺事件の後、ミッサーシュミットが母に送った本】

母の心には響いたようです。

皆さまにも同じ効果がある、という保証はありませんが、ご興味があれば♡