読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッサーシュミット臨戦態勢

モットーは性=生=死。親からの精神的な自立をして、素敵なパートナーシップを築いて、楽しく笑って死ぬことが、最高に幸せだと思ってます(*'▽')

謙遜でも、驕りでもなく。

職場のこと

すっごく、忙しい仕事をしてます。

 

エリート的なやつじゃなく、ブラック企業的な(;’∀’)

下請けの会社なので、社長がクライアント無茶な要求を、社員に無理やりこなさせる的な(´・ω・`)

 

秋までの求職活動で、とっても行きたかった第一志望の会社さんが不採用になって、その時点で内定を貰っていた今の会社に決めたのは自分の意志で、確かに辛くて体がキツイけど、学ぶことも気付くこともあるから、後悔はありません。

 

逃げるか、留まるか。

それも自分の選択だと思ってます。

 

第一志望から不採用通知が来て、今の会社に決めた正にその時、好きだった人と再会して、

「これからキツそうな会社に入るの。あなたは忙しく働く優秀な営業マンだから、色々相談に乗ってね」

ってお願いしたら、

「うん(*’▽’)」

って言ってくれて。

 

でも実際は、私の相談の仕方も下手なのもあって、あの人は、

「頑張って」

とか、

「俺よりは忙しくないでしょ」

とか、そういう返事しかくれなくて。

 

家族と仕事のことで心の余裕を失くした私は、彼の気持ちを早く欲しがり過ぎて、結局恋まで失って…。

 

彼が支えてくれるから、乗り切れるって、あの人ありきで考えてたから、正直、とっても辛かった(笑)

馬鹿だな、私って。

 

でも、今の会社、私、凄く役立ってるみたいで、連日のトラブル対処も結構適切に出来てるみたいで、

「ミッサーシュミットさん大活躍だね!フィーバー来てるよ!ありがとう!」

っていう評価を貰えて。

 

昔から、どの職場でも、割とお仕事が出来るって言って頂くことがあったけど(去年、パワハラで不当解雇された会社以外)、全然信じてなかった。

まさか…そう言ってくれてても、本気にしたら馬鹿を見るよね(´・ω・`)って、良い評価を疑ってました。

本当は、とっても嬉しかったのに。

 

皮肉なことに、今みたいな非人道的な会社に入って、初めて、

「あ、私、割と出来る方なんだね…」

って、気付くことが出来ました。

 

もし、本当に、神様が私に、仕事をちゃんとこなせる能力を与えてくれていたのなら、今まで、それを信じて、上手に使いこなせてなかったことに、罰を与え続けてたんだろうな。

 

私、まだ、あの人のこと好きだな。

あの人がとっても忙しくて、その気持ちが分かりたくて、今の仕事してるのかも。

でも、嫌になったら、それも止めよう。

 

これからはちゃんと、本当に、自分と他の人が、素敵で楽しい人生を送れる為に、この力を使おうと思います。

頑張ろうっと♡