ミッサーシュミット臨戦態勢

モットーは性=生=死。毒な親から精神的自立をして、素敵なパートナーシップを築いて、楽しく笑って死ぬことが、最高に幸せだと思ってます(*'▽')当ブログはリンクフリー。記事のシェア&FacebookやTwitterのフォロー大歓迎💛

私は今、生きている。

夢を見ました。

 

母が迎えに来るはずだったのに、母は仕事関係の人の都合を優先して、全然来てくれませんでした。

 

おまけに私は靴が無く、母と連絡も取れず、雨の中。妹と2人、色んな場所で待ちぼうけして。

 

だけど私達は、お金を持っていない訳ではなかった。

体調を崩して、今にも倒れそうな訳でもなかった。

帰ろうと思えば、自力で帰れる状況でした。

 

私達姉妹は、昔から、母が迎えに来てくれるのを、いや、母が助けてくれるのを待って待って待って、結局は助けては貰えなくて。

母は子供より、そして自分よりも、いつも父とか、姑とか、友達とか仕事を優先して、子供よりも大切なものがたくさんある人でした。

 

母が楽しそうな姿をしていることは、少なかったように思います。

離婚して、少し増えて来たかな、と思うけど、妹が大幅に体調を崩して、今も別居婚で実家に居るから、しょっちゅうぶつかっています。

 

母は、自分を大切にする才能があまりありません。

誰かの期待に応えようと努力する才能と、愛される才能はあるのに、それを受け入れていないから、ずっと自信が無くて。

 

私達はずっと、母に笑顔で居て欲しくて、自分のことを大切して欲しくて。

だって、母が元気で楽しくないと、子供達も同じように、辛い思いをしていたから。

 

私はもう37歳で、母と妹が詐欺に遭ったこともあって、ようやく、自分の人生は自分で作るって言う覚悟をしないと何も始まらないし、絶対に幸せになれないっていうことを知りました。

 

毎日悩むし辛いし切ないし、死にたくなることもたくさんあるけど、それと同じくらい、楽しいことも嬉しいことも生きてて良かったって思えることもあるから、そっちに意識を向けるように頑張っています。

 

母は迎えに来てくれなくても、私が自分で、帰りたい場所に帰ればいい。

優先されなかったからといって、価値の無い訳じゃなくて、不幸で居続けないといけない訳じゃない。

 

母と同じく、私も自分を苛めていたから、ずっと辛かったのです。

 

こういう部分が嫌いだなっていう自分の短所も、それは心と体が、私のことを無理させないように、ちゃんと生きて行けるように、わざわざ作ってくれたものなのかもしれません。

人に感謝しなきゃ、ってずっと叩き込まれて、実践して来たつもりでしたが、これだけ自分に向き合わずに責めてばかり居た私に、本当の意味で、誰かに感謝が出来ていたとは思えません。

 

誰かを信じられることは、自分を信じていない人には出来ないから。

愛される価値の無い人間だと、自分を断定するのは止めました。

 

今からは、きっと変わります。

母もきっと。

そして、妹も。

 

怖いけど、何も出来ないかもしれないけど、精一杯戦って、愛を信じて生きて行きます♡

 

まずは、好きな人のことを、苗字じゃなく、下の名前で呼べるようになりたいな( *´艸`)

呼んでもいい?って、訊いてみようかな…。