読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッサーシュミット臨戦態勢

素敵なパートナーシップを築いて、楽しく笑って死ぬことが、最高に幸せだと思ってます(*'▽')

「助けて」と、ずっと言いたかった。

ミッサーシュミットのこと 日記

これから先、男性に愛されることがあるだろうか?

 

恋愛関係に発展することがあるだろうか?

 

結婚出来るんだろうか?

 

正直、毎日とても不安です。

「愛されたい」という欲求もあるし、「愛したい」という願いもある。

 

たった1人の人を選んだら、その人に、自分の全ての欲求を満たして欲しいと考えてします。

そんなスーパーマンは居ないし、自分だって、その人の全てを満たせる自信なんて無いのに。

 

我儘で、勝手な自分。

自分の気持ちに正直なだけ、言うのはタダだし、という開き直った気持ちがある。

 

寂しいし、ずっと1人で生きて行くのは辛いし、誰かに守って欲しい。

 

綺麗事無しの本音で言えば、性的に欲求不満を感じた時に、優しく、情熱的に抱いてくれる相手が欲しい。

 

複数の相手から、それぞれジャンルの異なる欲望を満たして貰えばいいと考えることもあるけど、そんな器用なことを出来る自信は無い。

 

結局は、1対1の、深く円満なパートナーシップを築き合う関係に、熱烈に憧れているのです。

 

何の失敗も無く、その境遇に身を置いている人、たくさんの失敗の後、その境地に達した人。

人生は、不公平で、運とか、生まれた境遇とか、色んな要素が絡み合ってるから、他人様と自分を引き比べて、勝手に暗くなっても仕方がない、と、分かっているのに、腹の底からは、納得出来てない。

 

有り難いことに、最近の私を見て、

「絶対大丈夫だよ♡(*’▽’)」

と、言ってくれる人達が居ます。

 

とても嬉しいし、心強いし、慰められます。

 

何が出来るのか、何をしたら喜んで貰えるのか、何をしたら生活出来るのか、まるで分かりません。

「私という人間」が、必要とされている世界がある、という確信はありません。

 

そういうことは、きっと、自分だけで幾ら考えても、分からないのだと、ちょっとずつ感じ始めました。

だからこそ、色んな人に会って、自分の好きなこと、嫌いなことを、しっかり知る必要があるのだ、と。

 

1人では頑張れない。

1人では生きて行けない。

 

助けて貰う、ということではなく、自分だけで生きて行かなきゃ、と思うことこそが、非常に不遜で、僭越なこと。

 

頑張っても報われないことを恐れるくらいなら、さっさと誰かにSOSを発して、アドバイスを貰った方が良いこともある。

 

時間も若さも有限だけど、可能性を信じる力は、もしかしたら、無限かもしれない。

 

失敗して、泣いて、悔しがって、開き直って。

それをネタとして書けるくらい昇華出来たら、それが、誰かの生きるヒントになるかもしれない。

 

今は、それだけを信じて、兎に角、毎日何かしら、行動して行きます。

 

お仕事も探すけど、正直、自身の望みよりも、世間が望む人間像を優先させたまま遂行していることに気付いたので、この不安と偽善とが渦巻く心が、もう少し落ち着いてから、改めて仕切り直します。

 

「楽」な状態で居たい。

それが一番の願いなので…素直にそこに向かって、色んな手を尽くしてみようと思います。

 

ああ、これだけ自分のことしか考えないまま、動くの初めてです(;’∀’)

怖いし勇気要るし、足が震えそうだけど…。

 

今まで通りのやり方が、もう限界なので、考え方と行動を、変えてみます。

 

堂々巡りになってもいいから、ちょっとずつ、良い方に変わって行きますように…。

 

 

【ミッサーシュミット、20代まで小説家志望でした♡( *´艸`)】

misserschmitt2323.hatenablog.com              ※微かにエロいお話も連載中♡