読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッサーシュミット臨戦態勢

モットーは性=生=死。親からの精神的な自立をして、素敵なパートナーシップを築いて、楽しく笑って死ぬことが、最高に幸せだと思ってます(*'▽')

現場で起きてることを信じろ。

性=生と愛と心理 やりたいこと・なりたいもの

私、幸せな愛され妻になる人は、決まったルートを通ってるからだと思ってた。

 

誰もが羨む家柄、容姿、愛嬌、学歴、職歴に恵まれて、超エリートと結婚して、高級住宅街に住んで、子供何人か育てて私立に入れて、その子達の手が離れたら、何か(ピアノとか料理教室とかフラワーアレンジメントの教室)して稼いでたら、いつの間にかマスコミから「美人過ぎる○○講師」って紹介されて…みたいな(笑)

 

間違いなくそういう人は居ると思うけど、自分の周りには居ない。

でも、そのおうちにお金がたくさん有っても無くても、愛され妻は居る。

 

愛され妻は基本的に自分をちゃんと信じてるから、愛情を得る為に不自然に夫に尽くしたり、立てたりしない。

無駄にラブラブっぷりを見せ付けて来たり、こちらが(;’∀’)って思う様な不必要なスキンシップもしない。

 

考えてみたら、自分は無職(20代後半)の時、アルバイトだった男性(30代後半)に一目惚れして、出来ちゃった婚して、愛され妻になった人も居るのに…。

私は、何を見て来たんだろう?

 

多分、「初めからお互いがお金をたくさん持ってるかどうか」にこだわり過ぎてた。

ラブラブパワーがあれば、絶対にお金も増えるもんね♡って思ってるのに、自分のことは別に考えてた(*_*;

 

今、東京の一等地で飲食店をしている、70代の大将が教えてくれた。

「金なんて、お互い無いスタートの方が、一緒に頑張れていいんだよ」

仕事に生き甲斐感じてて、老後の心配なんてなくて、息子と一緒に働けて、たまにお嫁さんや孫も食べに来る男の言葉には、とてつもない説得力があるのに…私は、何を見て来たんだろう(´・ω・`)

 

年代別の平均貯蓄額に程遠いとか、役職が全然とか、そういう世間の縛りに合わせられないことに、ずっとずっとコンプレックスがあった。

でも、これまた考えてみたら、周りに、ニュースで見るような高い年収とか、多額の貯蓄とか、不動産を持ってるとか、全てに当てはまる人なんて居ない。

 

私、自分で自分を罰してただけじゃんorz

だから、せっかく持って生まれた資質を無視して、才能の無い方向ばっかり進んで。

一番お金に嫌がられる方法を選んでた。

いつの間にか、「人生の価値はお金をどれだけ持ってるか」になりそうになってた。

 

1人相撲とか自作自演とか、今年になって、ほぼ毎日考えてる気がする。

自分の心の掘り方、今までは間違って来たけど、段々上手くなって来たのかな?

 

愛されたいなら、初めはちゃんと、自分を愛で満たせるようになっていないと、相手に求めてばっかりになって、いつも不満な顔をして、最後は嫌われる。

私はミスの多い人生だったから、持ってるものも蓄えてきたものも少ないから、それをあんたが補ってくれなきゃダメでしょ、的な…絶賛、大間違いでしょ( ゚Д゚)

 

ヤバい…( ;∀;)

ちゃんと自分を愛せる人間になる為に、毎日頑張ろう。